『クワイエット』辰巳直子



WEST : 1-B
三人のカメラマンによる写真展『クワイエット』

梶原喜明さんに引き続き、
今回は辰巳直子さんの作品をご紹介します。


辰巳さんの写真は、景観の一部分を注視し、
対象が保持している意味を断片化させたり、剥奪したりしている。

意味が失われれば、本来の役目をも失う。
対象からアイデンティティーから抜け落ちて、
その像はおぼろげになってしまった。


写真が撮影された前後を想像できない写真。
像から物語を取り上げにくい作品。

作品の意図を読み取るヒントがおぼろげになる。

でも、ピントが外れていたとしても、像は確かにあって。
それは手がかりであり続けようとしている。


「正解なんて無い」
わかるんだけど、聞きたくない言葉の一つ。
正解の数を増やせばいいじゃない。
答えは一つだけ、そんなルールは無いよって。

靄のかかった場所を散策して、
自分が心地よいと思うものを勝手に、正解にしてしまえばいいじゃない。
それは自分だけのものです。

可能性が無数に広がる、辰巳さんの作品。


"それが" 何だかわからないというのに、
どうしようもなく愛しい存在になっていく。

受け手であるはずの自分が気づけば、
鑑賞を通して作品に意味を与える立場に立っている。

アイデンティティーが彼方へ飛んでしまったから、成せることなのか。

フラットな景色。
数センチの印刷物が観者を引き寄せます。

それは、心地よい引き手であります。

(ぱんだ)