『PLAY BACK展』 2017.4.14 - 2017.4.16


PLAY BACK展 
2017.4.14 - 2017.4.16
[EAST201]

「音楽は聞くことで、手にすることはできない。

わたしたちが音楽に触れる媒体はインターネットが主流となった。
家まで我慢できなくなって帰り道で開封したCD、話しかけるきっかけで買ったCD、
友達にまだ返してないCD、そうして繋がっていく関係。
CDやレコードは聴くことだけにとどまらず、様々な方法でわたしたちの心を躍らせていたのかもしれない。」
(キャプション引用)

東京造形大学グラフィックデザイン専攻の三年生10 名による、
「音楽」をテーマに、様々な形で表現したCDジャケットやレコードジャケットのデザインを展示しています。




昔ながらのCD・レコード屋に入ったような、懐かしい音楽が流れてそうなレトロな空間。

CDを買わなくなった現代の生活の中では、
音楽の雰囲気に合わせて作られたジャケットのデザインを見ていると
より一層ほかにはない魅力を感じる気がしました。


同じ曲でも、聴く人によって、膨らませた発想もそれぞれ違うのですね。

こちらの壁に展示されているのは「WE ARE THE WORLD」という曲をテーマに作られたジャケット作品です。
どの作品が貴方のこの曲についてのイメージと近いでしょうか?



展示は明日が最終日!是非是非、
この懐かしさと現代感が融合された空間へ遊びにきてくださいね〜♪

-出展者-
Asuka Inaba/Narumi Kato/Maiko Kawasaki/
Akane Tanaka/Junta Tanizaki/Sakurako Hasama/
Mizuki Hayasaki/Tumugi Hirota/Haruka Yamada/Humie Yokojima

【展示スペース:EAST 201】
DFstaff jessie