ポートレイト展 -Portrait Exhibition- 作品紹介 Part1



- - - - - - - - - - -
ポートレイト展 - PORTRAIT EXHIBITION -
2017.04.02(日)〜 04.29 (土) 4週間

DESIGN FESTA GALLERY EAST アートピース
- - - - - - - - - - -

家族、友人、恋人など身近な誰かはもちろん、自身の姿や想像上の人物まで。
日々の暮らしの中では気付かないような、人間の本質や奥深さを表現するアートが「ポートレイト」です。

本展示では絵画からイラスト、写真、あるいはセルフィーにいたるまで、さまざまなメディアを通して一筋縄ではいかない人間の面白さを追求します。

こちらのブログ記事ではE-1〜E-6の作品を紹介いたします。

- - - - - - - - - - -


愛茉 『願い…』 artpiece EAST「1」





セルフポートレイトもいまやポートレイト作品において主流となりつつあります。
デジタルカメラの技術革新により飛躍的に写真に親しむ人が増えた昨今、「自分の姿を自ら写真に収める」という表現方法を取り入れる人が増えてきたような気がします。

E-1にて出展の愛茉さんのセルフポートレイトはさまざまに彩られた景色のもと、自らが被写体となり作品となっています。




一つひとつの写真をとってみても完成度は高いですが、全体を俯瞰してみるとストーリー仕立てのように構成されているようにも鑑賞出来ます。

セットしたその瞬間からシャッターが降りるまで、すべてが自らの手により行われる制作行為は究極の自己表現ですね。

http://planetfoto.exblog.jp

 

- - - - - - - - - - -


大田美穂子 『梅組』 artpiece EAST「2」





繊細な鉛筆画から少女漫画のようなタッチで描かれたイラストまで、わずかなスペースにバリエーションに富んだ肖像作品を出展している大田美穂子さんのスペース。

なかでも注目なのが写真中央に構える42人の似顔絵です。




これは高校時代のクラスメイトの一人ひとりの過去と現在を描いたというもの。
ポートレイトかくありきと言いたいくらい、今回の企画展コンセプトに寄り添った作品です。

高校時代というおそらくはもっとも多感だった時期をともに過ごした人を描くとあって、見目形だけではなく勝手知ったるその人のパーソナリティまでが表情に表れているようです。

正面からだったり横顔だったり、笑っていたり凛としていたり、鑑賞者にとってはまったく知らない他人のはずなのに、不思議と親しみが湧いてきます。これぞ「肖像画」ですね。

http://mihoko-o.jimdo.com/


- - - - - - - - - - -


ササキリサ artpiece EAST「3」





12星座を人物化したイラストが並んでいます。
動物占いや血液型占い、それに星座占いなど、その人のキャラクターを言い当てる占いは枚挙に暇がありませんが、こちらは星座から連想されるイメージを人物に置き換えて描かれています。

こうして人物画にしてみると、髪型やメイク、着ている服のチョイスやどんな表情をしているかなど、それぞれの星座が女の子だとしたらどんなタイプの人なのか、特徴がよく捉えられています。




自分がみずがめ座なのでみずがめ座のこちらをピックアップ。
オン眉の前髪にロングヘアー。白のニットにダッフルコートという冬の装いが良いですね。

それぞれの星座の生まれ月をベースに、夏の星座なら夏らしい服、冬の星座なら冬らしい服と、それぞれのイメージが視覚化されていて面白い。

http://dullpainxxx.tumblr.com


- - - - - - - - - - -


Jasmine Perry artpiece EAST「4」





昨年は二人展にて物語性のあるイラスト作品を出展していたJasmineさん。
今回は世界感はそのまま、人物にフォーカスしたイラストを出展しています。

創作された世界ではありますが、人物の表情、特に瞳にはやけにリアルに強く引き込まれます。




向かって右側の人物の表情は潰れていて読み取れません。
ただ、左側の女の子の表情を見てみると、相対的にその感情を想像することができます。

二人の間にはどんなストーリーが潜んでいるのか。それを想像してみる面白さがこの作品にはあります。


- - - - - - - - - - -


森島花 『face』 artpiece EAST「5」





淡く浮き出くるような表情が印象的なこちらの作品。
描き込み過ぎず、最小限のタッチでさまざまな人物が描かれています。

「描く」というよりも「紡ぐ」という言葉のほうがどことなくしっくりくるような、そんな柔らかく優しい感触。光溢れる白昼夢のような浮遊感があります。




このくしゃっとした無邪気な笑顔、これだけで見てるこちらも幸せになれます。
ちなみに森島花さんの原画作品は購入可能。
この機会にぜひ、素敵な原画作品を手元に置いてみてはいかがでしょう。

https://jp.pinterest.com/HanaMorishima/works-by-hana-morishima-face-series/

- - - - - - - - - - -


空飛ぶ ちくわぶ 『eat me』 artpiece EAST「6」





写真、イラストときて写真に舞い戻ってきました。
空飛ぶ ちくわぶさんもまたセルフポートレイト作品を出展しております。

E-1の愛茉さんとの作品との違いは視点が主観的であること。
それもごくごくプライベートな距離感、いわゆるセルフィーのような構図。

しかしながら仮面を被ることにより、近しい視点でありながらもそこには匿名性が担保されています。
表情という要素を削ぎ、より鋭く明確に”eat me”というテーマが打ち出されているため、ある種のフェチズムが表現されています。

- - - - - - - - - - -

まだまだ全体の3分の1にもかかわらず、これだけでもポートレイトというテーマの奥深さが感じられますね。


ポートレイト展は4/29(土)まで開催中!
ぜひ直接足を運んで、じっくりと味わってみてください。


作品紹介Part2はコチラ