溝口崇 / 斉藤勇太 / 石塚勇 『建築に触れたものたちによる ‘HOME’ × それぞれの ‘自分をかたちづくるもの’』


溝口崇 / 斉藤勇太 / 石塚勇
『建築に触れたものたちによる ‘HOME’ × それぞれの ‘自分をかたちづくるもの’』 
2017.7.15 -  2017.7.17
[WEST 1-F]

大学で建築に触れていたという共通点から集まった、
趣味で写真を撮るのが好きな溝口崇さん、斉藤勇太さんと石塚勇さん。

初めて開催する今回のグループ展では、
「HOME」と「自分をかたちづくるもの」、2つのテーマに絞り、そらぞれの視点から捉えた写真を展示されています。
少し懐かしく、少し爽やかな、この夏を感じる空間へようこそ。


よく、海に行く。
海にいる人、波の音、波の形、空の色、海の色
癒され、感動し、シャッターを切る。
そのゆっくりとした一連の何万回もの動作が、
自分をかたちづくっている。

こちらは石塚勇さんから見た”自分をかたちづくるもの”です。
海の様々な表情が壁に並んでいます。
見ているとなぜか心も落ち着きますね。


上を向いて、
下を向いて、
そしてその一点を見つめて、
感情の波と共に、シャッターを切る。
そんな気分が心地よい。

こちらは斉藤勇太さんの”自分をかたちづくるもの”です。
花だったり、植物だったり、山だったり。
いろんな好きな風景や、ふと見かけた気になる視野が全てここに詰め込まれています。
シャッターを押した瞬間のドクンドクンするその鼓動が伝わってきます。


plants&colors
何に囲まれて
どんな色があって
どんな影が落ちてきて
どんな風が吹いたら
心地よいだろうか
そんなことを考えている

溝口崇さんの”自分をかたちづくるもの”は、
ノスタルジックな雰囲気が漂います。

キラキラとしている水波、妖精が住んでそうな森、
非日常と出会いが入り混じる風景が映し出だされています。


展示は7/17(月)まで!
真夏の連休だからこそ、是非この清々しい空間へお越しください^^

【展示スペース:WEST 1-F】
Staff jessie