【企画展】プリントアート展2 出展作品紹介(前編)

3年ぶりにデザインフェスタギャラリーにて開催中の『プリントアート展2』‼︎
皆が欲しいプリントグッズから、予想外の技法が使われたアート作品まで、
それぞれの味わい溢れる「プリントアート」が集結しました。
このブログでは、出展アーティストの皆さんの作品(前編)を一部をご紹介。
ぜひこのブログをガイドブック代わりに、本企画展をお楽しみください!

>>>『プリントアート展2』出展アーティスト一覧はコチラから
>>>『プリントアート展2』出展作品紹介(後編)はコチラから

________________________________

『プリントアート展2』

開催日時
:2017.11.26(日) - 12.23(土)
開場時間 : 11:00 - 20:00
開催スペース:DESIGN FESTA GALLERY EAST アートピース(EAST館1階エントランス)
入場料:無料
________________________________






hanatareguma 
『しろくまのかばん屋さん


シルクスクリーンでプリントした、しろくまのトートバックが目玉のhanataregumaさん。デザインフェスタでは『しろくま の おとも』でご存知の方もいらっしゃるかもしれません!本展では『しろくまのかばん屋さん』としてかばんを中心に出展中。魅力的なキャラクターとシンプルな色使いは、プリント表現の愛着ある風合いを生み出すのにぴったりです。

しろくまのイラストレーションにもパターンが。左右どちらのしろくまも愛らしいですね。

展示ブース上部もお見逃しなく!

魅力的な線画もさることながら、刷られた色面にもご注目ください。
布地に刷ることで生まれる若干の色ムラが柔らかなイラストレーションと相まって
とても暖かいです。

デジタルにはない偶発的に生まれる輪郭も魅力的。是非目近でご覧ください。


出展作家さんの詳細はコチラもチェック!→→→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









多摩美術大学 版画部
『つかの間の版画部展』


デザインフェスタギャラリーで毎年展示を開催、毎度大きな反響のあるタマビ版画部さんも出展中です!今回は、部員メンバーから20名以上が参加。多彩な作品/グッズが展示販売中です。トートバック、Tシャツ、靴下などにシルクスクリーンでプリントされたユニークなイラストにぜひ注目してください!若い才能によって制作されたアイテムをたくさんのひとに手にして欲しいです。


 スペースぎっしりにグッズ展示中!

 つぶらな瞳の猫(?)のイラスト、表情が絶妙ですね。

以前の展示でも大人気だった「カレーライス」も発見しました!

 版画部さんのTシャツもはずせません。かなりいろんなデザインがありますよ!

ランチボックスにもぴったり!

 オリジナリティ溢れるくつしたも販売中!

 餃子(笑)。他では手に入りませんね!

キャップも!これを被ればファッションコーディネート完成ですね!



出展作家さんの詳細はコチラもチェック!→→→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









さがおうじ 
『さすねこ デジタルプリントセレクション』



「さすらいねこ」をご存知の方も多いはず!デザフェス、デザフェスギャラリーでも数多く出展するさがおうじさんもプリントアート展に出展中!
メッセージカード、ノート、ステッカーをはじめとしたステーショナリーから2018年カレンダーまで、デジタルプリントで制作された楽しさと実用性を兼ねたアイテムが揃っています。さがおうじさんファンの方はもちろん、初見の皆様もこの機会に「さすねこ」ワールドを是非じっくりとご覧ください!


さがおうじさんのブースはこちら!

 やらなければならないことに追われる全ての人の心に響く言葉です。その他、さがおうじさんの作品には涙無しには見ることのできない名言の数々が...。ぜひご注目下さい!

これからの季節にぴったりなカードもありますよ〜!

スタッフも購入した2018年カレンダーです。戌年にちなんだ犬のイラストも「さすねこ」ではなんだか新鮮です!中身は普段から見えるところに是非貼っておきたくなる内容。見てのお楽しみです。


出展作家さんの詳細はコチラもチェック!→→→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
web: http://sagaouji.com/







戸松 愛歩。


今年9月のギャラリー企画展「LIFE ON EARTH」にも出展した戸松 愛歩。さん。写真をプリントしカンバスに転写するという技法で作品を制作しています。今回は前回の出展経験から従来より大きいサイズの作品にも挑戦したとのこと。プリントアートとしてはちょっと珍しい技法から生まれる独特の魅力にご注目ください!


しんしんと降る雪の中のクリスマスツリー雰囲気がありますね。
今回新たに制作された作品です。

絵筆で描いたようにも見える表情はプリントが転写されたもの。
通常の写真とも絵画とも異なる独特の風合いが生まれます。

動物や風景の写真を使ったミニサイズの作品も多種あります。

お気に入りのモチーフや自分のテーマのモチーフがないか探すのが楽しそうですね。
お部屋に飾る小さなアート作品としてもぴったりです。




出展作家さんの詳細はコチラもチェック!→→→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







DOLOCY's 
『Her Name is SOOKIE SOO,.』


デザフェスにこれまで多数出展、今年夏のギャラリーでのグループ展出展の記憶も新しいDOLOCY'sさんは、フリーランスデザイナー。プリントゴッコ、レタープレスコンボ、活版印刷機など様々な「刷り」を駆使して作品をデザイン、制作しています。限定された色使いと一貫したストーリー仕立てのイラストレーション作品はとてもスタイリッシュです。

作品はポストカードとして購入することができます。
「プリントする」ということは「複製する」ということ。プリントによって多くの人にアートが届くようになった、そんなプリントの歴史をふと思い出しました。

DOLOCY'sさんの作品からはそんなプリントの持つ深い魅力が感じられます。

活版が使われたカレンダーもあります。卓上でもスペースを取らないミニサイズ。
スクエア型も可愛いですね。

触れると分かるわずかな凹凸がなんとも愛着の湧くアイテムです。
飽きが来ないすっきりとしたデザインもいいですね。2018年の相棒にしたい逸品です。

アート作品展示としても十二分に楽しいDOLOCY'sさんのブース。
是非ご覧ください!



出展作家さんの詳細はコチラもチェック!→→→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 





ゆる判画 
『軟式活版』


ゴムを彫って判を作り作品を発表しているゆる判画さんは、ミニサイズの判画の額装作品や判子を展示販売中。いわゆる「ゆるい」雰囲気を持ったイラストレーションと判押し表現の魅力が相まった作品にご注目ください。

小さな額に収められた可愛らしい世界の数々は必見です。会期初日から売れる作品が続出していますよ〜!

ちょっと珍しくて面白いモチーフも。作り手のゆる判画さんの手のぬくもりが感じられますね。

判を押すことで生じる色のかすれ。
デジタルでは再現が容易ではないこうした「テクスチャー」が自然と生まれるのもプリントの魅力ですね。

ハンコの販売も。ゆる判画さん曰く、サインするときの代わりとしてや、メモ書きの最後に押すのがおすすめなんだそう。仕事場で使えば一気に仕事が楽しくなりそうです!


出展作家さんの詳細はコチラもチェック!→→→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
web: http://yaplog.jp/yuru_hanga/ 







石井道子


インパクトあるプリントのトートバック一点のみで出展している石井道子さん。
どこまでもシンプルでシンボリックな展示となっています。
バッグは実際にいろいろなシーンで使うことができる汎用性のあるアイテムです。


大きく留められたピン。
シンプルだからこそ見る者の想像を掻立てるコンセプトの存在は、まさにポップアート。街ゆく人たちがこのバッグを手にして行き交う様子がふと思い浮かびました。

シンプルなピンのモチーフは、よくよく見ると精緻なデッサンであることがわかります。
あなたはこのデザインにどんな意味を見つけて身につけますか?




出展作家さんの詳細はコチラもチェック!→→→
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
web: http://schadograph.wixsite.com/ishiimichiko



>>>『プリントアート展2』出展作品紹介(後編)はコチラから
________________________________

『プリントアート展2』

開催日時
:2017.11.26(日) - 12.23(土)
開場時間 : 11:00 - 20:00
開催スペース:DESIGN FESTA GALLERY EAST アートピース(EAST館1階エントランス)
入場料:無料




________________________________



お問い合わせ

DESIGN FESTA GALLERY
TEL:03-3479-1442(OPEN 11:00 - 20:00)
E-mail:info@designfestagallery.com
ご質問等はお気軽に上記までお問い合わせ下さい。



『プリントアート展2』開催スペースの詳細はコチラから >>>